教会とチャペルの違い

教会とチャペルの違い

 

この違いわかりますか??

 

このページでは、教会とチャペルの違いについて調べた記事となっています。

 

教会とチャペルの違い

まず「教会」を英語に訳すと、chapel(チャペル)、church(教会)と両方出てきます。

言葉としての意味は、同じなんですね。

 

チャペル

 

●結婚式を行うことを目的に建てられた会場のことを言い、すべて日本に本社がある企業が建てたもの。

●宗教関係なく誰でも気軽に挙げられる祈りの場。

●海沿いに多くロケーション抜群。

●結婚式専用の施設なので、結婚式に必要となる設備が充実しているところが多い。

●空調設備が整っているところが多い。

●商用目的で作られた施設なので、建物が将来的になくなってしまう可能性もある。

●牧師さまが進行する。

●二人の愛情によって成立し、神に感謝し、神の祝福を受けて結婚をするとされてる。

 

でんでん
うそー!日本の会社が作ってるなんて知らなかったぁ~。

 

チャペルのメリット・デメリット

 

メリット

  • 海が見えるというロケーションは抜群!
  • 数ある中から選べる!
  • 空調設備バッチリ!
  • レセプションも同じ施設で行えば移動の負担なし!

 

デメリット

  • 教会よりも費用が高くなる場合がある
  • 日本人のために作られた商用施設!
  • 将来なくなる可能性あり!

 

教会

 

●信者が礼拝や儀式を行うために作られた施設。本物の教会。

●キリスト教信者のための宗教施設。

●信者の方が集まりやすいように、街中にあるものが多い。

●本物の教会なので、神聖な空気・厳粛な雰囲気。

●空調設備が整っていないところが多い。

●決まった式文を神父が読み進行する。

●建造物が将来的に消滅する可能性は低い。

●結婚は神が定めだ人間の義務で、神の前で結ばれた二人は生涯離れてはいけないとされています。

 

でんでん
本物の教会か!神聖そう~。

 

教会のメリット・デメリット

 

メリット

  • 本物の教会!
  • チャペルよりも費用が安い!
  • 建造物が将来的になくなる可能性が低く、思い出の場所はいつまでも存在し続ける!

 

デメリット

  • 空調設備がないところが多い
  • ロケーションは限られる!
  • レセプションパーティー会場への移動が伴う!

 

 

教会とチャペルの違い まとめ

ほかにも細かい違いはあると思いますが、ザックリまとめてみました。

 

私的には、チャペルは日本人のために作られた商用施設っというところとそれなのにお金も割高というところが引っかかり、教会にシフトチェンジしました!

 

教会に絞ってからは、唯一海の見えるキャルバリーバイザシー教会に決めましたよ。

ハワイ挙式の式場選びにちょっとでも参考になれば嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA